ブラックジャックのルールを知ったタイミングは、約1年ほど前です。

友人とTRPGで遊んでいた際の小休止として、プレイする事になたんだけど、当時の私はゲームは知っていても、ブラックジャックのルールや遊び方を全く知りません。

その為、友人からまず教わった事は、数字の数え方と勝利条件です。エースは任意にカウントし、11、12、13は10と数える事に、最初は戸惑う。

それからブラックジャックのルールで、基本中の基本である21を教わりましたが「相手、つまりディーラーに勝つ事が大事」という台詞が、印象に残ってます。

カジノゲームだから、本来なら賭けをしなくちゃいけないんでしょうが、いくら身内でも賭け事はご法度。

それに遺恨が生まれる可能性もあるから、そん時はブラックジャックのルールを無視し、カードの山をテーブルの中央に置き、任意で交換しながらプレイするという、何とも変わったものになった。

結果は自分が大負けとなるも、めっちゃ面白く盛り上がった。

結構ブラシのサイズも小さめ

でもオーガニックファンデーションといえば、どれがえーだろ...。「初心者なら、ミネラルのトライアルセット、結構お勧めよ」

マジ?うっしゃ、それ買うわ!「即断するわねー。内容も聞かず、大丈夫?」っと...じゃ、教えてくだせー!

「えっとね。これ値段的に結構安めなの。だから失敗しても許せちゃうかなぁっつーのもあり、結構ブラシのサイズも小さめで、結構長々と使える。しっかりしたオーガニックファンデーションさ」

へー...。お試しかぁ。経験ねーですわー。「一度試せば?意外にいける。ま、突然大容量買うより、こー、手を出し安い物からの方が、安心出来るじゃない?オーガニックファンデーションよ?」

うん...けどやっぱトライアルじゃ、あまり長々と使えなさそうな気が...。「大丈夫。てか気に入れば、また買い足すじゃん。これの方が確実」

ふむ、オーガニックファンデーション選ぶのも、大変だわ...。「考え方次第ねぇ...」やっぱ初心者には、色々きついわ...。「そうかねぇ」

米ぬか化粧品で大和撫子を目指す

季節の変わり目のせいか、年齢が原因かは不明だけど、最近肌荒れをすごく感じる。今まで使っていたスキンケアじゃダメかしら?

そう思い始め、調子が目に見えて良くなるアイテムをインターネットで探索中。でもどれもカタカナや英語の商品名で、分かりづらいものばっかり。

その中で唯一「米ぬか化粧品」という名前に目がとまった!横文字で意味不明っていうやつより断然興味を惹かれる!

米ぬか化粧品って聞くだけで、何だか美白効果もありそうだね。もしかして明日から色白も望めちゃう?早速まだ見ぬ自分を勝手に想像してニンマリ。

くすみがちの私の顔も、ちょっとは明るくなれるかしら?と、期待度もどんどん高まり興奮気味。リピート率も高そうだし、米ぬか化粧品を早速購入!!

お値段もまぁまぁお手頃みたいだからさ。ホームページ見たら保湿も期待できそう。手元に届いた米ぬか化粧品を見て、ますますやる気が出てきちゃった。

大和撫子を目指してがんばっちゃおう。